税理士試験や業務について記載しています。「税理士なるために.com」

HOME利用規約LINKお問い合わせ
税理士になるために.com メイン画

税理士を知る

このページでは税理士の業務内容をメインに記載していきます。

税理士とは、私達の生活には切っても切り離せないような関係である税に関するスペシャリストです。自分自身でなにか事業を営んでいる方には馴染みのある確定申告ですが、この確定申告書類の作製は税理士の主な仕事でもあります。確定申告をする本人で記載して提出することはもちろん可能なのですが、その際には税に対する広い知識と能力が必要不可欠となってきます。そこで税理士に依頼する形をとるのが一般的になっています。

税務の代理に関しては税理士以外の代理は認められておらず、確定申告できる能力がある人が無資格でこの行為を行うとこれは税理士法2条1項違反であり摘発される恐れがあります。これらの業務を合法的に可能にするのが税理士の資格であり、特権であるのですから。

また、同様に税務書類の作成があり、これも前記同様に税理士の指導監督がないのに税務書類の作成を行うことは税理士法違反となります。

そして意外にも税理士の業務独占資格であるのが税務相談です。これも無資格で税務相談に乗った場合には税理士法違反となりますので気を付けましょう。

ちなみに最近では税法の改正が頻繁に行われており、全ての税法を得意とする税理士は少なくなってきています。税理士にもそれぞれの税務分野のプロフェッショナルがいますので、税理士を依頼する際には各税理士の得意分野を見極めて依頼しましょう。

大きな税理士事務所などでは常時複数の税理士が在籍しており、お客様の内容と各税理士を総合的に比較して最も最適な税理士を専門の担当税理士として選んでくれるところもあります。

今後長期的に同一の事務所に依頼し続けるようで在れば、最初の段階で自分の業務内容や税務内容に最適な専門顧問税理士を探すことが重要となってきます。

また、もし万が自分自身が独立業務からはずれた税理士からの転職を考えた場合なども税理士資格を持っていると非常に優遇されることが多く、企業の財務または経理関係職種の管理職として求められることも多々あるそうです。

その際に企業は税理士の独占業務でもある、税務代理、税務書類の作成、税務相談などの能力を存分に発揮してもらうべく高い能力が要求されます。いざ、企業の経理管理職として就いた場合に税理士資格を取得していながら実務経験が乏しいと、無資格の実務経験豊富な社員からのバッシングをもらいかねないので、税法が毎年改正されるように日々勉強を 重ね実務経験を磨いていきましょう。

 

check

進研ゼミ高校講座
http://kzemi.benesse.ne.jp/

右サイド画像「税理士なるために.com」は税理士を目指す方にとって意義のある情報を提供出来るようにホームページを目標に作製されています。近年世界的にまれに見る大恐慌にて経済状況は大きく冷え込んでいる中で、税理士という資格は非常に魅力のある職業でありこの世界的不況にも関わらず安定した高い水準にあります。また税理士の試験に関しても年齢制限が無く、尚かつ仮に数十年かかってでも合格科目である5科目を取得すれば良いのです。近年は非常に倍率が高い傾向にありますが、当ホームページを通じて何らかの手助けが出来れば管理人としても本望です。
また、当サイトご利用の前に必ず「税理士なるために.com」利用規約をご覧ください。