税理士試験や業務について記載しています。「税理士なるために.com」

HOME利用規約お問い合わせ
税理士になるために.com メイン画

税理士なるために.com  TOPPAGE

唐突ですが、みなさんの身近に税理士の知り合いなどはいますでしょうか?

自分の両親が税理士であったり、おじさんが税理士であったり、友人が税理士であったりなど様々な状況が考えられます。

しかし、今では割と身近な存在の税理士も今後はそうでなくなる可能性があります。 それはなぜかといいますと、近年の税理士会では若い世代が非常に少なく全体数で言えば20代の税理士数は全体の3%未満、30代でも10%程度、20代と 30代を合算しても全体の15%未満となっています。残りの80%以上は40代以上の税理士であり、キャリアが高いのは非常に良いことなのですが、今後の税処理を担う若手税理士の存続が危ぶまれています。

税理士になるためには受験者数体全体の10%以内に入ることが必須条件となってきます。 単純な極論かもしれませんが、若い受験者数が減少している今こそが最大のチャンスなのです。

私達の生活から税を省くことは絶対に出来ません。所得税に消費税に相続税など、他にも複雑な形で私達に密接に関わっています。 近年では人件費の削減のために顧問税理士を付けずに、財務会計ソフトなどを使用して財務処理や税務関係を行う企業が増えてきましたが、それでもまだまだ税理士に頼ざるを得ない状況は変わっていません。

また、働きながら税理士の資格取得を目指す人が多いのも税理士試験の特徴であり、最近では女性の税理士が増えているのもよく見受けられます。 税理士業務は国家資格である上に、さらに独占業務であり今後も需要が減ることはないと言われています。

独立開業した場合なども、税理士法によっても特に定年などは定められていませんので、生涯に渡って長いスパンで収入がえることが出来る資格でもあります。 このことは現役の税理士年代別アンケートで定年後の60代以降の70代・80代の税理士も活躍していることから、長期的な職種でもあることが伺えます。

最近では若者向けの税理士専門学校も再び多く増えてきており、数年後・数十年後の税理士不足を踏まえて今から勉強して税理士を目指すのにうってつけではないかと考えます。

一般的には税理士になるためのハードルは非常に高く捉えられがちですが、しっかりと真意を持って勉強に励めば合格はそう遠くない資格とも言われています。

実際に在職中に税理士資格を取得した人が大多数とも言われています。 先入観を捨てて、新しい見解で前向きに税理士資格取得を考えて、このサイトが今後のあなた自身のために少しでもお手伝いできれば幸いです。

おすすめWEBサイト 5選

大阪の撮影する環境が整った撮影スタジオです。

撮影スタジオ 大阪

フォトウエディングを札幌で行うなら、是非ご利用ください。

フォトウエディング 札幌

中野区で斎場をお探しでしたらご相談ください。

中野区で斎場を探す

2018/2/14 更新

右サイド画像「税理士なるために.com」は税理士を目指す方にとって意義のある情報を提供出来るようにホームページを目標に作製されています。近年世界的にまれに見る大恐慌にて経済状況は大きく冷え込んでいる中で、税理士という資格は非常に魅力のある職業でありこの世界的不況にも関わらず安定した高い水準にあります。また税理士の試験に関しても年齢制限が無く、尚かつ仮に数十年かかってでも合格科目である5科目を取得すれば良いのです。近年は非常に倍率が高い傾向にありますが、当ホームページを通じて何らかの手助けが出来れば管理人としても本望です。
また、当サイトご利用の前に必ず「税理士なるために.com」利用規約をご覧ください。